トップ>素顔インタビュー
湯浅和子の素顔に迫る!!!

Q.最近行った一番遠い国と近い国は?

湯浅:昨年夏に行ったイタリアです。仕事で4年滞在した息子家族がミラノから帰国することになり荷物片付けの手伝いのためです。そのため市政見学、観光は全くできませんでした。近い国は、三木睦子さんらと行った朝鮮民主主義人民共和国です。

Q.持っている服は、何色が多いですか?

湯浅:黒や白が多いですね。あまり柄物はなく、もっと明るい色も着てみたいですね。

Q.得意な料理は?

湯浅:グラタンとスパゲティです。料理作るのは大好きですが時間がなく、最近はもっぱら夫が作り、腕を上げています。私よりレパートリーも多いですね。感謝しています。

Q.最近見た映画は何ですか?

湯浅:「折り梅」「阿弥陀堂だより」「シャロット・グレイ」です。いずれも心に沁みる映画で、出演者の原田美枝子、吉行和子さん、また北林谷枝さん、樋口可南子さん素晴らしかったです。音楽、演劇、美術にもふれられる時間が欲しいです。

Q.県議として痛感されていることは?

湯浅:市民、県民と議会の距離です。もっと県政が身近になることです。身近になれば変わります。金ではなく、本物の政治が今こそ必要です。それに近づくよう皆様と共に考え行動していきたいですね。